完熟ミガキイチゴたっぷりタルト 次回4/15(月)PM8:00頃から再販



Vol.10「取材企画 ICHIBIKOと」宮城県名取市のカーネーション栽培農家 菅井啓貴さん

投稿者 : ICHIBIKO_STAFF on

ICHIBIKOにご縁をいただいた方にお話をお聞きする「取材企画 ICHIBIKOと」。

第1回はICHIBIKO閖上店と同じ地域にあるご縁でいろいろとお世話になっている宮城県名取市のカーネーション栽培農家 菅井園芸の菅井啓貴さんです。

昨年の母の日に「いちごスイーツとカーネーションを一緒にプレゼントしたら喜んでもらえるんじゃないか」というアイデアから、菅井さんから直送いただいたカーネーションをICHIBIKO各店で販売しました。

一輪一輪がしゅっとして美しく、そして花弁一つ一つがほんとうにきれいな凛としたカーネーションで、大切に育てられてここに届けてもらったんだなあと感じました。



菅井園芸さんについては、宮城県名取市でお父さんの代からカーネーションを育てられていること、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けながらも見事に復活されたこと、カーネーションの生産量は東北一を誇ることは知ってはいましたが、それ以上のことはあまり知らないままでした。



今年の母の日も同じくカーネーションを店頭に置いて喜んでもらいたい、せっかくだから、実際に育てられているカーネーションを見ながら、菅井さんのお話もお聞きした上で、お客様にその想いもお伝えしたいと、4月中旬にICHIBIKO閖上店からほど近くの菅井園芸さんにお邪魔してきました。

主な販路は東京都中央卸売市場世田谷市場への出荷と、食べチョクなどの通販サイトや宮城県での店頭間借り販売などの直販とのこと。


-----カーネーションはどうやって育てるんですか?普段、お花屋さんで目にするものより背丈があってびっくりしました。

ハウスの中で土耕栽培で育てています。カーネーションは多年草ですが、6月中旬に咲き終わったものを一回抜いて、土をトラクターで耕し、こだわりの自然由来の栄養を入れ畝を作って7月に苗を植えると年内に出荷ができます。

-----毎回すべて外して土を耕すんですね。それはすごく手間がかかりますね。

そうなんです。曲がらないようにネットを張ったり、人手の丁寧な摘果などにも手間がかかります。温度や虫害や空気中の二酸化炭素濃度など環境にも常に気を配っています。

花もちがいいように、6~8割くらい咲かせた状態で、150センチくらいの背丈に育ったカーネーションを市場規格の70センチにカットして「名取カーネーション」として出荷しています。



-----カーネーションは昔ながらの白・ピンク・赤だけではなく、最近はカラフルな色が増えている印象がありますが、どれくらいの種類があるのですか?

カーネーションにはスタンダード(輪咲きタイプ)とスプレー(枝分かれタイプ)があります。世界中で年間200種類ほど新品種が毎年生まれていますが、そのうち、日本の種苗会社で商品化されるのは5~6種類です。

-----新品種だけで年間200種類も生まれるんですね。

はい。うちでは、10品種ほど育てていて、半分は定番、もう半分は新しい品種を育てています。市場のニーズも多様化してきて、大量少品種生産から、少量多品種へと変化してきています。



-----どんな品種が喜ばれますか?

白、ピンク、グリーンなどが定番人気です。出す市場(とその先のお客様)のニーズによって大きく変わりますね。東京の市場では例えばくすみカラーのカーネーションが人気で、市場のニーズ(時期や品種)にマッチすると高い価格で売れていきます。



-----東日本大震災では被害が大きかったとお聞きしています。

津波でハウスの骨格は崩れませんでしたが、120センチまでじわじわと浸水し、瓦礫が流れ込み、機械なども壊れました。

花は海水に浸かって通常品としては出荷できなくなりましたが、「津波に負けないカーネーション」としてスーパーの店頭で事情を受け入れてくれた方に販売しました。津波で借金が増えたし、親戚も亡くなりましたが、10年たった今では出会いも増えました。

持ちつ持たれつで、震災で助けてもらったご縁で、数年前に千葉に台風被害があった先には栽培農家に手伝いに行ったりしています。

-----今後はどんなことをチャレンジされる予定ですか?

新しい市場の対応、産直や直売所、新品種など新しいことをやるのは大変ですが、楽しい方がいいというスタンスでやっています。今年から農福連携で、レインボーカーネーションを生産し始めました。

目指しているのは「いろんな人と関りが持てる生産者」。コミュニケーションして知り合いが増えると勉強もできるし、世界が広がります。震災を経験しているからこそ、あれよりしんどいことなはいだろう、どうせ人生1回だからいろいろやってみたいです。

花を手にされる方が喜んでくれる姿を想像しながら、花の可能性と広がりを信じ、1本1本丁寧に、愛情をもって育ててらっしゃる姿が印象的でした。2023年の母の日にはICHIBIKO仙台店と、ICHIBIKO閖上店で菅井園芸さんのカーネーションを販売します。お楽しみに!

宮城店舗限定 菅井農園さん直送のカーネーション限定セット発売

菅井園芸さんから直送したカーネーションとICHIBIKOオリジナル母の日ギフトカードを「ICHIBIKO母の日カーネーションセット」として、エスパル仙台店と閖上店の2店舗限定で販売いたします。

カーネーションはやさしい色合いのオリジナルラッピングペーパーで包みました。母の日ギフトカードの絵柄は3種類ご用意。お好きな絵柄をお選びいただけます。裏面にはメッセージを書き込むこともできます。

 

🌸ICHIBIKO母の日カーネーションセット(カーネーション1本+ギフトカード1枚)275円
発売日:2023年5月12日(金) - 5月14日(日) ※各店在庫がなくなり次第終了
取扱店舗:エスパル仙台店 / 閖上店

※カーネーションの色合いは実際とは異なる場合がございます。
※在庫状況によりギフトカードの絵柄をお選びいただけない場合がございます。
※数量限定となります。完売の際はご了承ください。※価格はすべて税込です。